コロナ禍における矯正治療について

現在世界中で新型コロナウィルスの感染が拡大中です。戸惑う毎日ですが少し慣れてきた感じもある今日この頃です。

クリニックでもマスクやフェイスガードの着用などで感染に気を付けながら、できるだけ通常の診療を取り戻すべく様々な工夫がされています。

矯正治療においても口腔内の清掃等で発生する唾液を含む空気(エアロゾル)による感染を避けるべくエアロゾルの発生が予想される器具、機械の使用をできるだけ避けるような工夫がなされています。

当院においても口腔外バキュームというエアロゾルを吸い取る機器を導入しクリーニング時に稼働させながら行っています。

1.口腔内の環境改善について

以前、大阪府知事がうがい薬のイソジン(ポビドンヨード)が新型コロナウィルスが唾液を介して人にうつすリスクを抑制する効果があると発表し話題になりました。

ポビドンヨード液のガラガラうがいがインフルエンザウィルスの不活性化に効果があることは以前から研究で明らかになっており、このことからもポビドンヨードが新型コロナウィルス不活性化に効果があることが予想されます。(現段階ではあくまでも予想です・・・)

口臭予防に効果があるリステリン液もまたポビドンヨード液と同等の効果が得られるといわれています。(参考:東京歯科大学名誉教授 奥田克爾「新型コロナウィルスのパンデミックからオーラルヘルスを考える」2020/04/12)

当院でも治療前に患者様にリステリンでのガラガラうがいを協力いただいております。(注意!これらのうがい薬が新型コロナウィルスの治療や予防に効果があるわけではなくウィルスの不活性化に効果があるため唾液を介して人への感染抑制に一定の効果があるとのことです。)

2. 歯科疾患とウィルス感染

歯科疾患の大部分の原因は細菌によるものですが(ウィルスと細菌は別物)、ウィルス感染に強い身体を作るためには免疫力アップさせることが何より大事なことです。十分な栄養や睡眠をとることは言うまでもありませんが、口腔内の環境を清潔に保つことも予防につながります。

インフルエンザの罹患率の研究では

歯科感染症(虫歯や歯周病)があるヒト > 歯科感染症がないヒト

約2倍の差があるといわれています。

これには普段からのブラッシングによる物理的な細菌数の減少が効果的です。

矯正治療中は特に注意が必要です!

口腔内細菌の増加により細菌が産生するタンパク質分解酵素などの働きにより上気道粘膜が侵襲されウィルスが吸着され易くなります。

最近はだんだん気温も下がり、寒い季節の到来も間近です。

空気が乾燥してくる季節になるとウィルス感染症が流行してきます。

マスク+手洗い+うがいと口腔内ケアを忘れずに!