矯正中は歯が痛い?

矯正中歯が痛いというイメージないですか?

今回はその痛みについてお話しします。

Ⅰ どうして痛みがでるの?

Ⅰ-1 歯を引っ張る力(圧力)

ワイヤーで歯列を整えるたり、ゴムで引っ張ったりする際に痛みが発生します。

埋まっている歯根の周りの骨は、歯に力がかかると柔らかくなり、吸収され、歯と顎の隙間には新しい骨が新生されます。この繰り返しをしながら、歯列を整えていくのが歯列矯正の仕組みです。その際に鈍い痛みが続きます。

 図のようにAの方向へ移動すると、引っ張る側の骨が吸収され、逆に反対側は骨が再生されていきます。

Ⅰ-2歯が敏感になって起こる痛み

矯正装置によって圧力がかかり動かされている状態の歯は、とても敏感になっています。

食事中や、何かの拍子に上下の歯がぶつかったりすると、その衝撃で痛みを感じたり、一時的に痛みが増すことがあります。

痛みの程度は個人差が大きく、強く噛んでもまったく痛まない方もいます。

また痛みがある方も、矯正が進んで慣れることでおさまる場合が多いようです。

Ⅰ-3知覚過敏

Ⅰ-1で説明したように、歯の移動は歯を支えている骨を溶かしながら動きます。

そして、歯の根っこが歯茎から露出し知覚過敏が発生することがあります。

Ⅱ いつから痛みは落ち着くの?

歯医者でよく2.3日で落ち着くと説明されることが多いですが、厳密にいうと1週間ほどかかります。

装着してから1週間どのような状態なのか

装着時から2.3時間後から徐々に痛みが発生し始め、

2日目から3日目で痛みのピークがきます。

その後は徐々に痛みは軽減されていき、1週間程で治ります。

この際、噛む力も反比例し2.3日目は物を強く噛めないと言われています。

Ⅲ痛みが出たらどうする?

装置やワイヤーの調整をしたあとの歯の移動にともなう痛みには、鎮痛薬が有効です。

また、食べ物を噛むと痛むときは、食事のメニューを工夫しましょう。舌でつぶせる柔らかさの茶碗蒸しや豆腐、スープやお粥なら、歯に負担をかけません。食欲が湧かない時にも食べやすい麺類は、適度な長さにカットしておけば、軽い咀嚼で喉を通るのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です